費用がかかっても早めの債務整理依頼が重要【返済をするのは無理】

借金を返しやすくする手続

電卓

借金問題に強い専門家

借金問題解決には債務整理があります。債務整理には主に4つの方法があります。任意整理とは、裁判所を使わず貸金業者と直接返済方法や利息のカットなどについて交渉をする手続きです。他の債務整理と比べると費用も安価で短期間で行うことができるので、早めに生活再建を目指したい方には手軽に手続きをすることができます。過払い金も発生していれば返してもらうことができます。特定調停とは、裁判所を介して減額や利息免除について交渉をする手続きです。任意整理と似ていますが、専門家を入れず債務者本人が自ら行う手続きなので費用は少なく行えます。ただし、過払い金が発生していても減額はできますが払い過ぎて元本を超えた部分に関しては返還要求することはできないので、別件として交渉をする必要があります。個人再生とは、裁判所に個人再生案を認可してもらうことで借金額を大幅に圧縮、法律で決められた最低返済額を原則3年以内で返済をすることができれば圧縮前の借金返済は免除、住宅等の財産も維持したまま手続きできます。自己破産とは、裁判所から免責決定を得るための手続きで免責が決定されれば借金の返済は最終的に全額免除されます。その代わり住宅や車などの財産を手放す必要があります。裁判所費用だけでなく弁護士費用もかかります。いずれの債務整理の手続きも専門家に依頼することなく自分で行うことはできるのですが、任意整理で業者が応じてくれない、個人再生や自己破産となると手続きも複雑で法的知識も必要になります。債務整理に強い弁護士に依頼するのがおすすめです。

Copyright© 2018 費用がかかっても早めの債務整理依頼が重要【返済をするのは無理】 All Rights Reserved.