費用がかかっても早めの債務整理依頼が重要【返済をするのは無理】

電卓

借金を返しやすくする手続

債務整理の手続きには、任意整理、特定調停、個人再生、自己破産と4つの方法があります。いずれも専門家にお願いしなくても手続きはでき費用は安価にできますが、法的知識も必要になります。債務整理に強い弁護士に依頼するのがおすすめです。

男性

今や当たり前の知識

債務整理は悪いことではありません。法的に認められている利息を軽減する返済方法です。素人でどうにもならない場合は早めにプロに相談して費用の見積もりを出し、借金をなくす行動を起こすことで自分を見直す事が出来るのです。

ジャッジガベル

相談することが大事

債務整理をする際に気をつけておきたいのが費用です。どのくらい費用がかかるのかは選ぶ債務整理方法によって変わります。例えば、自己破産であれば50万円以上かかることも珍しくありません。まずは弁護士事務に相談しておくと良いでしょう。

説明

借金問題を解決する

債務整理時の費用を下げるコツはいろいろとあります。例えば、司法書士事務所を利用することで大幅にコストを下げられることがあります。他に、債務整理をする際にはいろいろな弁護士事務所の費用を比較しておくのも良いでしょう。

バッジ

人気の借金見直し方法

債務整理の中で、任意整理が一番人気です。裁判所を介さないので、直接貸金業者と交渉します。弁護士に依頼すれば、初回の相談と受任契約を結べば後は弁護士が代行するので債務者の負担も少なく、手続き費用も安価で期間も短いです。

借金滞納するとどうなるか

説明

差押え強制執行される前に

消費者金融や銀行、クレジットカードなどのキャッシングを滞納してしまう、返済期日から3日程度過ぎてから電話での督促が開始されます。1日遅れたからといってすぐに電話がかかってくるわけではないです。単純に忘れているだけという可能性もありますので、3日程度しから督促が開始されます。電話をしても無視したり、連絡が取れないとなると督促状を自宅に郵送することになります。またまだこの時点では督促の初期段階です。滞納してから2ヶ月、60日を超えてしまうと信用情報には延滞の事故情報が登録されることになります。1年間は情報は消えないので、他の金融機関でローンを利用している場合も定期的な信用情報情報調査で引っ掛かれば融資がストップします。悪質な延滞であると判断された場合は期限の利益が喪失し一括請求になります。一向に払う気配がない、契約通りの返済をするのは無理だと判断されたら法的回収の手段がとられます。財産差し押さえ・強制執行が行われます。もうこの状態になったら、任意整理で債務整理をしようとしてもできなくなります。こうなったら他の債務整理を検討する他ないのです、任意整理だと一番費用が安く債務整理できましたが、個人再生や自己破産すると高額な弁護士費用と裁判所費用がかかります。そうなる前に、手続きをとることが大切です。ただし、貸金業者も自己破産されるのは避けたいのです。元金すら回収できないからです。返済する意思が見えるのであれば、利息を多少カットしても任意整理で応じてくれる貸金業者もあります。債権者に裁判されたらすぐに強制執行されるわけではなく多少時間があります。その際に費用はかかりますが、弁護士に相談して債務整理を検討するなど対策をすることです。

Copyright© 2018 費用がかかっても早めの債務整理依頼が重要【返済をするのは無理】 All Rights Reserved.